住宅ローンとは

住宅の購入は一生ものの買い物です。
一括購入される方もいますが、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。
とはいえ、住宅ローンとはいったいどのようなものなのでしょうか? 住宅ローンとは、文字通り、住宅を購入する際に利用できるローンです。


住宅購入以外には利用できません。


借換えでは利用できますが、途中から住宅ローンを借り入れすることもできないのです。
つまり、どんな家だろうと、どんな人だろうと借り入れができるわけではないということです。


借り入れができるのは、原則として本人が住むための住宅を購入したり、建築するための資金であったり、本人が住むための住宅の増改築資金であったりします。
しかし、両親が住むための住宅や、セカンドハウスを購入するときでも利用できる場合もあります。


それは金融機関によって取扱いが異なります。


土地だけ購入する場合や、賃貸の住宅を購入する場合は利用できないので注意が必要です。
ただし、注文住宅を建てる場合は、先に土地を購入することもあるので、その場合は使えます。


では次に、住宅ローンの借り入れができる人についてですが、金融機関によって借り入れができる年齢や年収が定められています。
借り入れ時の年齢が満20歳以上、満60歳以下や、最終の返済時の年齢が満80歳いかであること、前年度の税込み年収が200万円以上であることなどが条件です。


その他にも勤続年数や、信用生命保険に加入できるか、などが条件になることもあります。
住宅ローンは様々な審査が必要になります。
その際に知っておきたいことについて、当サイトは解説いたします。

Copyright © 2014 住宅ローンで知っておくべき事 All Rights Reserved.